関節痛解消サプリメント グルコサミンランキング

関節痛解消サプリメント グルコサミンランキング

関節痛対策にグルコサミンを

グルコサミンは関節痛対策として、今とても注目されている成分です。

 

グルコサミンランキングはコチラhttp://www.enchantedviewrv.com/

 

 

 

階段の昇り降りや立ったり座ったりが辛い、曲げ伸ばしがうまくいかない、といった関節のトラブルは、加齢とともに増加してきますが、これには軟骨の生成が非常に大きな影響を及ぼしています。通常関節を動かす時には、軟骨がクッションの役割を果たすために、なめらかに痛みなく動作を行うことができます。軟骨は使われるたびにすりへっていきますが、都度再生されます。この軟骨を生成するために必要な成分の1つがグルコサミンです。

 

 

 

グルコサミンは人間の体内で合成されますが、その量は加齢とともにどんどん減少していきます。激しい運動をした時などに起こる関節痛は、軟骨の生成が追いつかないことによるものですが、グルコサミン自体が減少している場合も、軟骨の生成が適切に行われず、関節痛が発生してしまいます。これが、加齢による関節痛のメカニズムです。

 

 

 

グルコサミンは鶏の軟骨や山芋といった食べ物にも含まれている成分ですが、必要量を食事からのみ摂ることは困難です。そのため、関節痛改善目的での、グルコサミンサプリメントが人気になっています。症状を感じている方ほど効果を実感しやすいというのもグルコサミンの特長なので、悩んでいる方は1度試してみてはいかがでしょうか。

関節痛で大変だったこと

よく聞く「関節痛」という言葉ですが、高齢者だけでなく、子供にも表れる痛みです。

 

 

 

私自身、小学生から中学生にかけて、とてもいろいろな種類の関節痛を経験しました。

 

 

 

足首、ひざ、足の指、などいろいろありますが、一番つらかったのは、手首の関節痛です。

 

 

 

中学生だった当時、私はソフトテニスをしていたのですが、練習の際にいきなり手首の関節が痛くなってしまい、動かせない状態までになってしまいました。

 

 

 

手首の関節がおかしくなってしまってのですが、病院でレントゲンを撮ってもらっても、とくにおかしなところはなく、異常なしと診断されるのですが、とても痛くてたまらなかったのを覚えています。

 

 

 

結果的に、何かのはずみで治ったのですが、とても痛い関節痛でした。

 

 

 

手首の関節痛の場合、足首やひざなどとちょっと変わって、筋のようなものも、一緒に痛みます。

 

 

 

そのため、関節の痛みなのか、筋そのものの痛みなのかが分からないことがありました。

 

 

 

それに加えて、関節痛というのは、自分ではなかなか痛みを軽減することが難しいです。

 

 

 

具体的にどこを動かすとか、ここを押すと痛みが軽減する、などといったポイントもないので、よけいに難しいのかもしれません。

 

 

 

関節痛を予防する暮らしをしたいです。

関節痛と睡眠の関係について

体の関節が痛いと、どうしても眠りが浅くなり、睡眠不足になってしまいます。

 

高齢の方に多いのは、もともと睡眠がとりにくいうえに、関節の痛みで、夜中に何度も起きてしまう悩みです。

 

さらに、痛みが気になって寝返りがうてないというトラブルも起こります。

 

これでは良い睡眠状況とはいえません。

 

病院を受診すれば、痛み止めの薬や、睡眠導入剤を処方してくれる場合もあるので、早めに相談してみるほうが良いと思います。

 

それから、睡眠と寝具の関係についても見直したほうが良さそうです。

 

人は仰向けに寝るのが、1番疲れがとれやすいそうですが、脚や腰の関節痛が気になる場合、その体勢は苦しいと思います。

 

横向きになるか、抱き枕などで体を支えて眠るのも方法のひとつです。

 

重要なことは、関節に無理な力がかからないようにして眠ることです。

 

敷布団も、あまりふわふわとした、柔らかいものを選ばずに、できるだけ固めのものにしたほうが良いです。

 

柔らかいと体が沈んでしまって、逆に痛みを強くさせる場合があります。

 

最近は、さまざまな寝具が登場していますので、体に負担のかからないような、敷布団を用意すると良いと思います。

 

毎日眠れないなど、症状がひどい場合は、薬と寝具の両方の観点から、痛みの緩和を考えてみるようにしましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ